トルシエのモノマネも。20年前、加地亮の行動はすべてチームのために

トルシエのモノマネも。20年前、加地亮の行動はすべてチームのために

トルシエのモノマネも。20年前、加地亮の行動はすべてチームのためにの画像

世界2位の快挙から20年……
今だから語る「黄金世代」の実態
第4回:加地亮(前編)

「俺、ワールドユースに行けるんかなぁ……」

 1999年ワールドユース(現・U−20W杯)・ナイジェリア大会で、U−20日本代表は準優勝に輝いた。その数カ月前、同代表チームがフランス&ブルキナファソ遠征を実施した際、遠征メンバーのひとりである加地亮(かじ・あきら)は、そんなことを思っていたという。

「本大会では、合宿メンバーから数名が(代表メンバーから)落ちるわけじゃないですか。このメンバーと『一緒にいたい』というより、このメンバーの中で『生き残れるのかなぁ』って、(遠征中は)そのことばかり考えていた」


1999年ワールドユースについて振り返る加地亮

 のちの2006年ドイツW杯では、日本代表不動の右サイドバックとして奮闘した加地だが、当時はまだ、この世代で確固たる地位を築いてはいなかった。実際、ワールドユースの予選となるアジアユースでは本職のサイドバックではなく、センターバックで起用されたこともあった。最終的に同予選でチームは準優勝という結果を残したが、加地自身は出場機会がほとんどなく、他の選手たちとは「まだ実力的な開きがある」と思っていたという。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)