ガチガチだった紀平と坂本。悔しい今季最後の演技は進化の糧に

ガチガチだった紀平と坂本。悔しい今季最後の演技は進化の糧に

ガチガチだった紀平と坂本。悔しい今季最後の演技は進化の糧にの画像

世界フィギュアスケート国別対抗戦の最終日。最終種目の女子フリーでは、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)とブレイディ・テネル(アメリカ)が完璧な滑りを見せて、それぞれ153.89点と150.83点で1位と2位を獲得した。一方、日本の紀平梨花と坂本花織はチームの銀メダル獲得に貢献したが、坂本が3位で紀平は5位、と悔しい結果に終わった。
 ショートプログラム(SP)3位で10番滑走だった坂本は、最初の3回転フリップで着氷を乱し、予定していた連続ジャンプにならない滑り出し。これは次のダブルアクセルに3回転トーループを付けて取り戻したが、続く3回転ルッツでは着氷を乱してGOE(出来ばえ点)で減点されてしまった。そこからリズムを取り戻し、後半のジャンプはミスなく終えて得点をシーズン自己ベストの146.70点にしたが、トゥクタミシェワとテネルを上回ることはできなかった。

自己ベストを記録したが悔しさの残る演技になった坂本

「今日も笑顔がなかったですね。けっこう緊張していました。ルッツがすごく危ない状態になって耐えた時、応援席から『ガンバ!!』という声が聞こえたので、それがすごく後押しをしてくれました」
 悔しかったのは、振り付けのブノワ・リショーにブラッシュアップしてもらった演技を最後の最後にできなかったことだった。
「最初のフリップを降りてからルッツまでと、その次のフライングシットスピンまでの振り付けをいっぱい練習してきたので……。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)