日ハム・白村に送りたい、投手→打者転向の成功者・雄平の言葉

日ハム・白村に送りたい、投手→打者転向の成功者・雄平の言葉

日ハム・白村に送りたい、投手→打者転向の成功者・雄平の言葉の画像

ヤクルトの試合前練習でのこと。雄平は石井琢朗打撃コーチとのティーバッティングで一心不乱にバットを振り抜いていた。そしてティーバッティングが終わり、雄平がとびっきりの笑顔を見せると、練習を眺めていた河田雄祐外野守備・走塁コーチが「雄平! まぶしすぎるから、そのすばらしい笑顔をやめてくれ」と、たまりかねたように叫んだのだった。

「なんか照れちゃってね(笑)。あの笑顔には癒されていますよ。なにより、34歳になってもまだうまくなりたいと、守備や走塁にも向上心を持って取り組んでいる意識がすばらしいですよね。僕はその手助けができればと思っています」(河田コーチ)


今季も開幕から「不動の5番」としてチームを引っ張るヤクルト・雄平

 雄平のプロ17年目、打者として10年目のシーズンが始まった。2003年にプロ入りしてからの7年間は投手として18勝19敗の成績を残すも、制球難を克服できず、2010年に打者転向となった。

 2011年にはファームで規定打席到達者のなかでトップの打率.330を記録。打者として順調なスタートを切ったが、一軍のレギュラーをつかみかけた2013年に右ひざ前十字靱帯断裂。それでもその翌年、見事な再起を果たし打率.316、23本塁打の大活躍。2015年には14年ぶりの優勝を決めた試合でサヨナラヒット。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)