西武・森友哉が挑む「捕手で首位打者」が至難である理由

西武・森友哉が挑む「捕手で首位打者」が至難である理由

西武・森友哉が挑む「捕手で首位打者」が至難である理由の画像

気の早い話だが、1965年の野村克也(南海)、1991年の古田敦也(ヤクルト)、2012年の阿部慎之助(巨人)以来となる、史上4人目の「捕手で首位打者」が今季誕生するかもしれない――。

 西武の高卒6年目、森友哉が開幕から好調だ。4月15日時点で、いずれもリーグトップの打率.383、打点16を記録している。


優れたバッティング技術で現在打率首位の森友哉

 捕手で首位打者がどれほどの偉業かは、前例の少なさと、先達の名前を見ればわかるだろう。

「好調の要因? わからんっス。いずれ打てない時期が来ると思うので、そのためにコツコツとヒットを打つことが大事かなと思います」

 森がそう話したのは、今季1号3ランを含む5打数4安打と猛打を炸裂させた4月6日の日本ハム戦のあとだ。この時点で打率.483。さすがにそこからは落ちてきたが、14試合終了時点でリーグ2位の栗山巧(西武)に5分の差をつけている。

 森の類まれな打撃センスは、プロ入り1年目から絶賛されていた。

「『絶対打ちますよ』と一軍に推薦しました。育成がこちらの目標ではあるけど、育成を飛び越えて戦力になりますよ、という判断ですね」

 2014年7月、当時の潮崎哲也二軍監督はそう話した。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)