野村克也の教えに「うわ、すげぇ」。土橋勝征はID野球を素直に吸収した

野村克也の教えに「うわ、すげぇ」。土橋勝征はID野球を素直に吸収した

野村克也の教えに「うわ、すげぇ」。土橋勝征はID野球を素直に吸収したの画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(24)
【伏兵】土橋勝征・後編
(前回の記事はこちら>>)
主力で出場するよりも、控えのほうがプレッシャーは大きい
――オレステス・デストラーデ選手が抜けたライオンズを相手に、1993年はスワローズが日本一に輝きました。後に土橋さんは、セカンドとしてレギュラーになり、1995年、1997年、2001年と日本一に貢献します。あらためて、1992年、1993年の日本シリーズを振り返っていただけますか?
土橋 のちのシリーズでは主力として試合に出ましたけど、この1992年、1993年の日本シリーズはまだ若手だったし、控えとしての出場でした。ひとつだけハッキリ言えるのは、この2年のシリーズのほうが、あとのシリーズよりはるかに緊張感が高かったということです。

1992年、1993年の日本シリーズには控えとして出場した土橋 photo by Sankei Visual

――主力で出場するよりも、控えでの出場のほうが緊張は大きいんですか?
土橋 当然ですよ。「ここ一番」という場面で出されるわけですから。「普通にやって当たり前」という状況で守備固めとして出場する。1992年はレフトの守備固めと代走。1993年はライトの守備固めと代打でした。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)