フランクフルトの中心にいる長谷部誠は「また新しい経験をしている」

フランクフルトの中心にいる長谷部誠は「また新しい経験をしている」

フランクフルトの中心にいる長谷部誠は「また新しい経験をしている」の画像

フランクフルトがベンフィカを下し、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出を決めた。

 アウェーでの第1戦は、退場者を出したこともあり、4−2で敗れていた。だが、チームも長谷部誠も勝負を捨てていなかった。「退場者を出して運が悪かった。11対11ならやれる」と、ホームでの第2戦に望みをつないでいた。第1戦のアウェーゴールがあるため、第2戦は2−0、もしくは3−1で勝てばいい。そしてそれは可能だと、第1戦を終えた時点で手応えをつかんでいたという。


ベンフィカ戦後、大観衆に向かって手を振る長谷部誠(フランクフルト)

 勝利を信じるチームと同様に、スタジアムもいつもと違う雰囲気だった。試合開始90分前、中央駅からスタジアムに向かうトラムは空いていた。ファンたちはもっと早くスタジアムに詰め掛けていたのだ。

 スタジアムでは記者席にまで、応援用の旗と、ウルトラスからの「演出へのご協力のお願い」という紙が貼られていた。4万8000人の観衆で埋まったコメルツバンクアレーナは壮観だった。ブンデスリーガでは満員になることが珍しいスタジアムは、一体感が生まれ、特別な空気に包まれた。

 試合は、アウェーで4失点をくらったのが嘘のように、フランクフルトが主導権を握り続けた。1点目はポストの跳ね返りをフィリップ・コスティッチが押し込み、2点目はセバスティアン・ローデがペナルティエリアの少し外から、ディフェンダー2人の間を縫うようなシュートを決めた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)