遠藤航が選んだ便利屋とは違う道。「早く海外でボランチをしたかった」

遠藤航が選んだ便利屋とは違う道。「早く海外でボランチをしたかった」

遠藤航が選んだ便利屋とは違う道。「早く海外でボランチをしたかった」の画像

★遠藤航(前編)
 3月31日、ベルギーの地で遠藤航がケガからアジアカップ以来約2カ月ぶりにピッチに戻ってきた。所属するシント・トロイデンのプレーオフ2(※ )の初戦にスタメン出場。残り6試合(4月19日現在)のプレーオフを戦いヨーロッパリーグ(EL)への出場を目指している。
※ プレーオフ2=レギュラーシーズン7位から15位までの9チームに、2部リーグの上位3チームを加えた12チームで行なわれる。

シント・トロイデンのEL出場に向けて奮闘している遠藤航


 筆者は、3月上旬にシント・トロイデンの練習場に向かった。遠藤はリハビリのため、全体練習から離れグラウンドを黙々と走っていた。練習中なので目が合わないようにひっそり眺めていたら、「お久しぶりです!」と息を切らしながら声を掛けてくれた。チームでも年代別の代表でも常にキャプテンを務めてきた理由が垣間見えた出来事だった。
 元気に走っているものの、アジアカップで痛めたケガの具合が気になった。
「ケガはほとんど大丈夫です。今はまだアップとパス練習だけをやってますが、来週から復帰する予定(その後3月31日に試合に復帰)です」
 アジア杯の準決勝(イラン戦)でいきなり倒れて交代したので、心配したことを伝えた。
「左のもも裏の肉離れでした。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)