巨人好調理由を井端弘和氏が考察 「ここまでのMVPは坂本勇人と丸佳浩のコンビ」

巨人好調理由を井端弘和氏が考察 「ここまでのMVPは坂本勇人と丸佳浩のコンビ」

記事まとめ

  • 丸佳浩など昨オフに大型補強を行なった巨人が好調な理由を、井端弘和氏が考察している
  • ここまでのMVPを挙げるとすると坂本勇人と丸佳浩の"サカマル"コンビだと井端氏は語る
  • また、丸が広島戦で打ちあぐねているのは、広島のデータが集めきれていないだけと考察

井端弘和が好調な巨人打線を考察。丸が広島戦で打てない理由も説いた

井端弘和が好調な巨人打線を考察。丸が広島戦で打てない理由も説いた

井端弘和が好調な巨人打線を考察。丸が広島戦で打てない理由も説いたの画像

昨オフに大型補強を行なった巨人が好調を維持している。ここ数年は苦手としていた広島に、開幕3連戦で勝ち越して勢いに乗ると、4月19日からの平成最後となる阪神との”伝統の一戦”でも3連勝を飾り、単独首位に躍り出た。
 現在、解説者として活躍する井端弘和氏は、昨シーズンまで内野守備・走塁コーチを務めていた”古巣”の好調ぶりをどう見ているのか。


開幕から巨人の打撃陣をけん引する坂本勇人(左)と丸佳浩(右)

――開幕から好調を維持している巨人で、気は早いですが、ここまでのMVPを挙げるとしたら誰になりますか?
「”切り込み隊長”として躍動した吉川尚輝を挙げたかったところですが、腰痛でチームを離れてしまったので、坂本勇人と丸佳浩の”サカマル”コンビですかね。2人とも打率、出塁率が高く、打線につながりができていると思います。彼らが得点圏にいて4番の岡本(和真)を迎えるのは、相手投手にとって大きなプレッシャーになると思います。
 岡本が打ち取られたときも、後に控える亀井(善行)や、(アレックス・)ゲレーロ、(クリスチャン・)ビヤヌエバなどがランナーを返す場面が多い。打点を挙げる打者に偏りがなくバランスがいいので、上位打線がしっかりしていれば今後も攻撃面に関しては心配ないでしょう」
――吉川選手が離脱するまで2番を担っていた坂本選手は、その打順にすんなりハマりましたね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)