「私はセンスを鍛えます」。元ロッテ守護神が独学でフリーの指導者に

「私はセンスを鍛えます」。元ロッテ守護神が独学でフリーの指導者に

「私はセンスを鍛えます」。元ロッテ守護神が独学でフリーの指導者にの画像

「気鋭のフレンチシェフです」と言われれば、そうかと思ってしまいそうな優しい容貌だ。つい最近までプロ野球の投手だったとは思えない。しかしその大きな手は、荻野忠寛がどんな世界で戦ってきたかを如実に物語っている。

2008年にはロッテの守護神として30セーブを挙げた荻野忠寛氏

「小学校2年で野球を始めてからずっと投手でした。本格的に野球を学んだのは桜美林高校に入ってからで、当時の日記を読み返すと、今なら考えられないような球数を投げていました。それでも故障しなかったのは、体が強かったのでしょうね。桜美林高校は、僕が1年の夏に甲子園に行きましたが、アルプス席で応援していました。2年生からはエースになって、地方大会は連投、連投でした。当時の東京都大会は勝ち進むと必ず3連戦になったので、3連投も経験しました。でも甲子園には行けなかった。
 体が小さくて、ドラフトにかかるレベルでもなかったので、神奈川大学に進みました。1年の時は練習試合も含めて一度も投げませんでしたが、2年春からリーグ戦で投げ始め、それからは卒業するまで1節も欠けることなく投げていました。2カ月で70イニング……かなりきついですが、大学に入ると木製バットになるので、多少抜いた投球をしても打球は飛ばなかった。それもあって、成績を残すことができました」
 荻野はプロ入りまで、一番きつかったのは社会人、続いて大学、高校の順番だったと言う。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)