U−20日本代表のエースが久保建英に対抗心。「そこは俺でしょ」

U−20日本代表のエースが久保建英に対抗心。「そこは俺でしょ」

U−20日本代表のエースが久保建英に対抗心。「そこは俺でしょ」の画像

東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(5)
FC東京・田川亨介@前編

 東京五輪でのメダル獲得を目指すU−22日本代表の一員にして、5月に開幕するU−20ワールドカップに出場するU−20日本代表のエース、田川亨介。今シーズンは高校時代から過ごしたサガン鳥栖からFC東京へと活躍の場を変えた。自分のストロングポイントを生かせる――そう確信する首都のクラブで、プロ1年目の輝きを取り戻せるか。勝負の年を迎えたスピードスターの胸中に迫る。

「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>


FW田川亨介(たがわ・きょうすけ)1999年2月11日、長崎県生まれ。サガン鳥栖U−18出身

―― 髪の色がすごく派手になりましたね。心境に変化があったとか?

田川亨介(以下:田川) いえ、心境に変化があったわけではなく、もともと染めたいと思っていたんです。(昨シーズンまで所属したサガン)鳥栖ではチームの規則でダメだったので、東京に来てイメチェンした、そんな感じです(笑)。

―― 鳥栖時代、七三でピシッと分けていて、黒髪の似合う男前というイメージでした。

田川 本当ですか!? でも、あの頃はヒゲも生やしていたから、フケて見られて。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)