大坂なおみは東京五輪に出場できるか。日本女子テニスの新たな問題

そのことをもっと考慮すべきであり、選手たちそれぞれと良好な関係を築いていけるように、日本チームと土橋監督はさらにコミュニケーションをとる必要があるだろう。
 日本は、2020年もWGIIで戦える権利を手にした。現在の日本は、WGでプレーできる力をたしかに持っているが、WGでさらに勝ち上がっていくとなると、大坂と他の選手との実力差を少しでも縮めながら個々の力を引き上げることが必要不可欠であり、そこからチーム全体のレベルアップにつなげていかなければならない。
 そこで、大坂も含めた日本代表チームがどう進化を遂げることができるのか。東京五輪へ向けても注目したい。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)