センバツベストナインを選出。プロの記者たちも唸った最高の選手たち

センバツベストナインを選出。プロの記者たちも唸った最高の選手たち

センバツベストナインを選出。プロの記者たちも唸った最高の選手たちの画像

東邦の優勝で幕を閉じた平成最後のセンバツ。投打で活躍した石川昂弥(東邦)を筆頭に、1試合17奪三振の快投を演じた奥川恭伸(星稜)など、多くの逸材が甲子園を沸かせた。あらためて、今年のセンバツに出場したなかでベストナインを決めるとすれば誰になるのか? 甲子園を取材した記者に独断と偏見でセンバツのベストナインを選出してもらった。

9番打者ながら2回戦の高松商戦では2安打3打点の活躍を見せた市和歌山の壹岐有翔

■安倍昌彦氏
投手/岩本真之介(市和歌山)
捕手/内山壮真(星稜)
一塁手/桜井亨佑(習志野)
二塁手/宗山塁(広陵)
三塁手/小深田大地(履正社)
遊撃手/角田勇斗(習志野)
外野手/吉納翼(東邦)
外野手/来田涼斗(明石商)
外野手/壹岐有翔(市和歌山)
 おそらく投手だったら、総合力で奥川恭伸(星稜)、将来性なら及川雅貴(横浜)あたりが有力だろうが、個人的に魅力を感じたのが岩本真之介。
 最近、彼のようなフニャフニャした投手を見ると、ワクワクしてくる。今の柔軟性と、しなやかさと、球持ちのよさを維持しながら体ができてきたら、はたしてどんなボールを投げるんだろう…。高校1年の時に菊池雄星(花巻東→西武→マリナーズ)を初めて見た時のような”トキメキ”がある。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)