平成Jリーグを彩った外国人スターたち。「妖精」は超絶技巧を見せた

平成Jリーグを彩った外国人スターたち。「妖精」は超絶技巧を見せた

平成Jリーグを彩った外国人スターたち。「妖精」は超絶技巧を見せたの画像

平成スポーツ名場面PLAYBACK〜マイ・ベストシーン 
【2000年1月 サッカー天皇杯決勝】

 歓喜、驚愕、落胆、失意、怒号、狂乱、感動……。いいことも悪いことも、さまざまな出来事があった平成のスポーツシーン。数多くの勝負、戦いを見てきたライター、ジャーナリストが、いまも強烈に印象に残っている名場面を振り返る――。

 2000年1月1日の第79回天皇杯決勝は、当時”2強”と言われた鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田を倒して勝ち進んできた名古屋グランパスと、カップ戦に強さを見せるサンフレッチェ広島の対決となった。

 試合は、タレントを揃えた名古屋の中盤を、広島が素早いチェックで機能させず、一進一退のまま前半を終えた。

 後半に入ると、広島は、名古屋の攻撃の中心であるドラガン・ストイコビッチを、前半以上に激しくチェックし、自由にさせないようにする。しかし後半11分、右サイドからストイコビッチが放った絶妙なクロスを、呂比須ワグナーがダイビングヘッドで合わせ、名古屋が先制する。

 この1点で、流れは名古屋に大きく傾いた。そして、試合を決めたのはやはりストイコビッチだった。


2000年1月1日、天皇杯で名古屋グランパスを優勝に導き、MVPも獲得したドラガン・ストイコビッチ

 後半37分、広島が名古屋ゴール前にロングスローを放り込むと、ボールを拾った呂比須ワグナーがドリブルで敵陣へ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)