「東海の異端児」木村理来が駅伝参戦に意欲 ラストシーズンで気持ちに変化

「東海の異端児」木村理来が駅伝参戦に意欲 ラストシーズンで気持ちに変化

記事まとめ

  • 「東海の異端児」と呼ばれる東海大学4年の木村理来は、大学3大駅伝を走ったことがない
  • 木村は、そもそもそのメンバー入りを争う舞台にさえ上がってこなかったという
  • 木村の得意の種目は1500mで「よく長距離じゃないよねって言われます」と苦笑する

ラストシーズンで気持ちに変化。「東海の異端児」が駅伝参戦に意欲

ラストシーズンで気持ちに変化。「東海の異端児」が駅伝参戦に意欲

ラストシーズンで気持ちに変化。「東海の異端児」が駅伝参戦に意欲の画像

東海大・駅伝戦記 第48回
「東海の異端児」と呼ばれる選手がいる。現在4年生だが、一度も大学3大駅伝を走ったことがない。それ自体は、特別なことではないかもしれない。だが、駅伝に強い東海大にあって、彼はそもそもそのメンバー入りを争う舞台にさえ上がってこなかった。
 彼の得意の種目は1500m。
「よく長距離じゃないよねって言われます」
 そう苦笑するのが、木村理来(りく)である。

これまで一度も大学3大駅伝に出場したことがない木村理来

 4年になっても基本的なスタンスは変わらない。スピード強化とウエイトトレーニングに集中する日々だ。
 この日は、兵庫リレーカーニバルで1500mを走る予定になっていた。昨年も出場し、スタートからレースを引っ張って先頭を走るもラスト1周で失速し、終わってみれば12位だった。同レースに出走した館澤亨次(たてざわ・りょうじ)は2位、關颯人(せき・はやと)が3位に入賞するなか、「最後、もたなかった。悔しいっすね」と木村は表情をしかめていた。
 今回は10人と出場者数は少なかったが、舟津彰馬(中央大4年)の持ちタイムが3分38秒65でトップ。木村は3分42秒78で全体では5番目。館澤はアジア陸上選手権に出場のため不在で、優勝を狙えるチャンスは十分にあった。
 木村のレーススタイルは「とにかく攻める」だ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)