アヤックスの先輩と後輩が激突するCL準決勝。欧州通の3人が展望した

アヤックスの先輩と後輩が激突するCL準決勝。欧州通の3人が展望した

アヤックスの先輩と後輩が激突するCL準決勝。欧州通の3人が展望したの画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.63
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回のテーマは欧州CLの準々決勝レビューと準決勝プレビュー。若手中心で勝ち上がってきたアヤックスの魅力を語り合います。
――今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)は、トッテナム(スパーズ)、アヤックス、バルセロナ、リバプールの4チームがベスト4に勝ち上がりました。今回も、お三方に準々決勝を振り返っていただきつつ、準決勝2カードを展望していただきたいと思います。前回同様、4月30日(日本時間5月1日早朝)に第1戦が行なわれるトッテナム対アヤックスについてお聞きしたいと思います。
倉敷 スパーズと準決勝(第1戦4月30日、第2戦5月8日)で顔を合わせるのは、優勝候補の一角ユヴェントスを破ったアヤックスです。第1戦はホームで1−1、第2戦はアウェーで1−2の勝利。トータルスコア2−3で勝ち上がりました。

若手中心で快進撃を続けるアヤックス

中山 正直、アヤックスがユベントスのホームであれだけのゲームをして相手を圧倒したことに驚きました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)