末續慎吾が世界陸上で銅メダル。陸上短距離界の「もう一歩」の壁を破る

末續慎吾が世界陸上で銅メダル。陸上短距離界の「もう一歩」の壁を破る

末續慎吾が世界陸上で銅メダル。陸上短距離界の「もう一歩」の壁を破るの画像

平成スポーツ名場面PLAYBACK〜マイ・ベストシーン 
【2003年8月 世界陸上パリ大会200m 末續慎吾】
 歓喜、驚愕、落胆、失意、怒号、狂乱、感動……。いいことも悪いことも、さまざまな出来事があった平成のスポーツシーン。現場で取材をしたライター、ジャーナリストが、いまも強烈に印象に残っている名場面を振り返る――。
 日本男子スプリントの歴史の扉が開いた瞬間――。それは、2003年世界陸上パリ大会。200mで末續慎吾が銅メダルを獲得した時だった。短距離種目では、それ以前にも01年世界選手権エドモントン大会400mハードルで、為末大が3位入賞を果たし、世界大会において日本短距離界初のメダルをもたらしていた。だが、フラットレースでのメダル獲得は、それを上回る影響力があった。

2003年世界選手権200mにて、大混戦のなか見事3位に入った末續慎吾(左)

 末續はこの年、5月に100mで自己新記録(10秒03)を出し、200mも6月の日本選手権で20秒03と、日本記録を塗り替えていた。好調を維持しながら勝負をかけて出場した世界選手権で、200mでは世界ランキング3位、出場選手の中ではランキングトップという状態だった。
 その自信は予選の走りから出ていた。8月27日、朝に行なわれた一次予選は、外側のフランシス・オビクウェル(ポルトガル、自己記録19秒84)をとらえたところで力を抜いて、直線に出てから流す走り。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)