あわや野球人生の終焉から奇跡の復活。アルバース先生は今日も投げる

あわや野球人生の終焉から奇跡の復活。アルバース先生は今日も投げる

あわや野球人生の終焉から奇跡の復活。アルバース先生は今日も投げるの画像

4月16日、オリックス先発のアンドリュー・アルバースが、昨年6月26日の西武戦以来となる294日ぶりの白星を挙げ、お立ち台に「3年B組アルバース先生」と書かれたTシャツを着て登場した。これは人気ドラマ『3年B組金八先生』をもじったものだが、このTシャツを着たのには意味がある。
 じつは、アルバースは教員の資格を持っており、2010年から2017年までオフになると母国カナダのサスカチュワン州で臨時教員のアルバイトをしていた。フランス語と数学を教えながらバスケットボール部でコーチもしていた。

昨シーズン、来日1年目ながら9勝をマークしたアルバース

 驚くことに、北米の野球界ではドラフト下位指名の選手の多くは、マイナーで激しい競争をしながらオフになると別の仕事をしなければ生活が苦しくなるというのだ。ちなみに、アルバースは2008年のドラフトでサンディエゴ・パドレスから10巡目(全体315位)に指名されている。
「上位でドラフトされない選手にとって、オフの仕事は不可欠です。私もそのひとりでした。臨時教員の資格を取ったのは、生活のためです。マイナーの月給は2400ドル(約25万円)ですが、シーズン期間中(半年分)しかもらえません。あとの期間は他の仕事で稼がないといけないんです。
 多くの選手は工事現場や野球教室をして稼いでいます。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)