「ニュータイプ」メッシはバルサをCL優勝に導くか?

ただ、ジョゼップ・マリア・バルトメウ現会長の体制ではこの流れが変わることはないでしょうけど、やっぱり現地のメディアでもバルサのアイデンティティが失われてきているという話はシーズンを通して出ています。クレの本音は、もっとボールを握って、相手をコントロールするような試合を見たいのではないでしょうか。
倉敷 たとえば、アルトゥールがもう少し成長して、来シーズン、フレンキー・デ・ヨング(アヤックス)が加わればバルサのサッカーに変化が起こる可能性はありますよね。
小澤 十分ありますし、カルラス・アレニャーにしても、もっと試合で使っていいレベルにあると思います。でも、メッシとスアレスが前線にいるので、そこで守備のフィルターがかからないという問題があります。彼らは自分の好きなタイミングでしか動かないので、そこについては、バルベルデでなくても、誰が監督をしてもコントロールできないでしょう。そういう意味では、メッシとスアレスがいる限り、サッカーの中身、とくに守備の仕方を大きく変えるのは難しいと思います。
倉敷 そうですね。結局、この第2戦もメッシの活躍で勝ったわけですしね。メッシが本気になっている時のバルサは本当に強いですね。
中山 現在のメッシは完全にニュータイプになりましたよね。相手のチームからすると、抑えようがないです。ディフェンスラインから中盤にかけての広いエリアで、相手の隙を探知しながらウロウロ歩いて、一瞬のスプリントで裏に抜けることもあるし、時にはボールを奪ってしまうこともある。

関連記事(外部サイト)