事実上のCL決勝戦。バルサ対リバプールを欧州番長3人はどう見る?

事実上のCL決勝戦。バルサ対リバプールを欧州番長3人はどう見る?

事実上のCL決勝戦。バルサ対リバプールを欧州番長3人はどう見る?の画像

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.65
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富な達人3人が語り合います。今回のテーマは引き続き欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝レビューと準決勝プレビュー。昨シーズン、惜しくも準優勝だったリバプールは、今季リベンジを果たせるのか。
――前回に続き、お三方にはCL準々決勝を振り返っていただきつつ、準決勝を展望していただきたいと思います。今回も、事実上の決勝戦とも言われているバルセロナ対リバプールについてお願いします。5月1日(日本時間2日早朝)にバルセロナのホーム、カンプ・ノウで行なわれるこのカードの第1戦、リバプールの戦力分析とともに、展望をお願いできればと思います。
倉敷 優勝候補筆頭のバルセロナと準決勝で対戦するのが、リバプールです。昨シーズンは決勝に進出しながら、モハメド・サラーが前半で負傷交代を強いられ、GKロリス・カリウスのミスもあり、レアル・マドリーの前に涙を呑みました。そのリベンジはなるか!? 準決勝までは順当に駒を進めた印象です。
 準々決勝の相手はポルトでしたが、ホームでの第1戦を2−0、アウェーでの第2戦も1−4で勝利し、トータルスコア6−1と大差をつけて勝ち上がりました。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)