NHKマイルCの「3強」の中で、令和最初のGIを制覇するのは?

NHKマイルCの「3強」の中で、令和最初のGIを制覇するのは?

NHKマイルCの「3強」の中で、令和最初のGIを制覇するのは?の画像

5月5日、東京競馬場ではGINHKマイルC(芝1600m)が行なわれる。
 3歳限定のマイル戦となるこのレース。24回目となる今年は、”令和最初のGI”としても注目を集めている
 今回のメンバーの中では、グランアレグリア(牝3歳/美浦・藤沢和雄厩舎)、アドマイヤマーズ(牡3歳/栗東・友道康夫厩舎)、ダノンチェイサー(牡3歳/栗東・池江泰寿厩舎)の3頭が”3強”と見られている。まずは、そんな3頭のプロフィールを簡単におさらいしてみよう。
 グランアレグリアは前走のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を制覇。同レースは約3カ月半ぶりの出走となったが、1分32秒7のレースレコードで2馬身半差の圧勝を見せている。
 アドマイヤマーズは昨年の最優秀2歳牡馬。昨年、デビューから4連勝でGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)を勝利したものの、今年に入ってからはGII共同通信杯(東京・芝1800m)2着、GIII皐月賞(中山・芝2000m)4着と連敗している。
 ダノンチェイサーはGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)の勝ち馬。GIII1勝と、上記2頭に比べて実績は劣るが、当歳時のセレクトセールで、2億7000万円(税込)で落札されたという良血馬だ。
 この3頭で、筆者がもっとも勝利に近いと見ているのが、グランアレグリアだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)