「平成のヒロイン」宮里藍の優しさが、日本のゴルフ界を劇的に変えた

「平成のヒロイン」宮里藍の優しさが、日本のゴルフ界を劇的に変えた

「平成のヒロイン」宮里藍の優しさが、日本のゴルフ界を劇的に変えたの画像

平成スポーツ名場面PLAYBACK〜マイ・ベストシーン 
【2005年10月 ゴルフ 宮里藍 日本女子OP優勝】

歓喜、驚愕、落胆、失意、怒号、狂乱、感動……。いいことも悪いことも、さまざまな出来事があった平成のスポーツシーン。現場で取材をしたライター、ジャーナリストが、いまも強烈に印象に残っている名場面を振り返る――。

 平成に入って最初の10年間は、昭和40年代後半から日本ゴルフ界をけん引してきたジャンボ尾崎の全盛時代。1994年(平成6年)から5年連続で賞金王に輝くなど、多くのファンを沸かせて、国内男子ツアーの人気を支えていた。

 そうした流れが変わったのが、2003年(平成15年)。当時高校3年生の宮里藍がミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで優勝し、国内女子ツアーへの注目度が一気にアップした。そして、宮里藍が直後にプロ転向を果たすと、それから2年後には国内ツアーの人気が完全に逆転。以降、女子ツアーのほうが男子ツアーよりも脚光を浴びるようになって、現在に至っている。

 その女子ツアーへの人気を決定づけた試合が、2005年(平成17年)の宮里藍が優勝した日本女子オープンだった。


大観衆に見守られ、日本女子オープンの優勝を飾った宮里藍

 神奈川県の戸塚カントリー倶楽部で開催されたその年の日本女子オープン。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)