超高配当続出のNHKマイルC。激走馬の方程式から導いた3頭の穴馬

超高配当続出のNHKマイルC。激走馬の方程式から導いた3頭の穴馬

超高配当続出のNHKマイルC。激走馬の方程式から導いた3頭の穴馬の画像

3歳馬の「マイル王」を決めるGI NHKマイルC(東京・芝1600m)が5月5日に行なわれる。

 今年は、先のGI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)を快勝したグランアレグリア(牝3歳)に、昨年末のGI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)を制した2歳王者アドマイヤマーズ(牡3歳)、そしてGIIIきさらぎ賞(2月3日/京都・芝1800m)を勝った高額良血馬ダノンチェイサー(牡3歳)の、「3強」の戦いと見られている。

 だが、NHKマイルCは「荒れるGI」として知られる。過去10年を振り返っても、3連単では100万円超えの超高額配当が2回、10万円超えの高額配当が4回も出ている。

 とすれば、今回も穴狙いに徹するべきだろう。過去の10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を起こしそうな穴馬を探し出してみたい。

 まず目がいくのは、前走で重賞やオープン戦を制していながら、低評価にとどまった馬の激走だ。

 2009年に13番人気で3着に突っ込んできたグランプリエンゼル、2013年に6番人気で2着となったインパルスヒーロー、2014年に17番人気で2着と奮闘したタガノブルグ、2015年に4番人気で2着に入ったアルビアーノらがいい例だ。

 前走で、グランプリエンゼルはオープン特別の橘S(京都・芝1200m)、インパルスヒーローはGIIIファルコンS(中京・芝1400m)、タガノブルグはオープン特別の橘S(京都・芝1400m)、そしてアルビアーノはGIIIフラワーC(中山・芝1800m)と、いずれも勝利を飾っていたが、それがフロック視されたり、本番では他に強力メンバーがそろっていたりして、上位人気を争うまでには至らなかった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)