2011年、なでしこのW杯初優勝が世界のサッカースタイルを変えた

2011年、なでしこのW杯初優勝が世界のサッカースタイルを変えた

2011年、なでしこのW杯初優勝が世界のサッカースタイルを変えたの画像

平成スポーツ名場面PLAYBACK〜マイ・ベストシーン 
【2011年7月 なでしこジャパンW杯初優勝】
 歓喜、驚愕、落胆、失意、怒号、狂乱、感動……。いいことも悪いことも、さまざまな出来事があった平成のスポーツシーン。現場で取材をしたライター、ジャーナリストが、いまも強烈に印象に残っている名場面を振り返る――。
 PKが決まった瞬間、スタジアムは大歓声に包まれた。最後のPKを決めた熊谷紗希とスーパーセーブを連発した海堀あゆみを中心に、歓喜の輪が広がっていった。

キャプテンを務めた澤穂希が優勝カップを掲げた

 2011年、FIFA女子ワールドカップドイツ大会決勝は、劇的な展開の連続だった。強豪アメリカに対して、前半は相手の猛攻撃をしのぎ、耐え続けた。先制は許したものの、なでしこたちは決してあきらめなかった。81分、永里優季のクロスを丸山桂里奈が中央で受け、こぼれたクリアボールを宮間あやが押し込んで同点、延長へと突入した。
 104分、アメリカに再びリードを許すも117分には、なでしこの得意とするコーナーキックで追いつくチャンスが訪れた。キッカーは宮間。そのボールは放物線を描きながら、走りこんでいた澤穂希の足元へピタリとはまり、右アウトサイドでゴール。
 そして、冒頭のPKへつながる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)