東都2部の歴代安打記録を更新。国士舘大の稀有なヒットマンは何者か

2部での記録を伸ばすということは、皮肉にも国士舘大が2部にいる時間が長くなることを意味する。
「基本的に2部は注目されません。でも、1部に上がるためにやっていますし、モチベーションは高く保っています。2部にいることをネガティブではなく、ポジティブにとらえています」
 東都大学リーグはそのレベルの高さと競争の激しさから「戦国東都」と呼ばれる。現在は東洋大、亜細亜大、國學院大、中央大、駒澤大、立正大が1部に所属。2部は青山学院大、日本大、国士舘大、専修大、拓殖大、東京農業大の6チーム。かつては春の1部優勝校が秋には最下位となり、入替戦に敗れて2部転落……という例もあった。
 力の差はさほどなくても、試合環境は大きく異なる。1部リーグは学生野球のメッカ・神宮球場で試合ができる一方、2部リーグは現在、東京、神奈川、埼玉のさまざまな球場で開催されている。高部が神宮球場で試合をしたのは、入替戦などごくわずかしかない。必然的に、人目につく機会は限られてくる。
 国士舘大の辻俊哉監督に高部の力量を聞くと、「見ての通りです」という自信に満ちた答えが返ってきた。
「天性の部分も、能力的な部分も十分にプロに入れるだけのものは備えています。もちろん、プロに入るような選手は高部のような選手ばかりなので、入ってみないとわからない部分もあります。

関連記事(外部サイト)