奇跡ではなく必然だった。ラグビー日本代表のジャイアントキリング

奇跡ではなく必然だった。ラグビー日本代表のジャイアントキリング

奇跡ではなく必然だった。ラグビー日本代表のジャイアントキリングの画像

平成スポーツ名場面PLAYBACK〜マイ・ベストシーン 
【2015年9月 ラグビーW杯 日本代表vs南アフリカ代表】
 歓喜、驚愕、落胆、失意、怒号、狂乱、感動……。いいことも悪いことも、さまざまな出来事があった平成のスポーツシーン。現場で取材をしたライター、ジャーナリストが、いまも強烈に印象に残っている名場面を振り返る――。

2015年のラグビW杯で南アフリカに勝利し、大喜びする日本代表


 あれは夢か現(うつつ)か幻か。2015年にイングランドで行なわれたラグビーワールドカップ。それまでの7大会でたった1勝しかしていなかった日本代表が、初戦で優勝候補の南アフリカ代表に34−32で劇的な逆転勝利を収めた。ラグビー界の枠を越え、スポーツ界にも衝撃を与えたジャイアントキリング。「ブライトンの奇跡」とも言われた。
 目をつむると、まず思い出すのは「吉兆の虹」である。今でも私の脳裏に残る異国の空がある。綺麗な「ダブル・レインボー」だった。吉事のおこる前兆と言われる、二重にかさなったカラフルな虹だった。
 大会の開幕戦を3日後に控えたイギリス・ブライトンのグラウンドだった。日本代表は練習を終え、エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ/現イングランドHC)も選手たちも、ただ空を見上げていた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)