ビーチバレー坂口佳穂が急成長。海外でのプレーは「気持ちよかった」

ビーチバレー坂口佳穂が急成長。海外でのプレーは「気持ちよかった」

ビーチバレー坂口佳穂が急成長。海外でのプレーは「気持ちよかった」の画像

坂口佳穂インタビュー(前編)

 坂口佳穂(23歳/マイナビ/KBSC)にとって、昨年は大きな転機となった。鈴木悠佳子(31歳)とペアを組んで、悲願の国内ツアー初優勝を成し遂げ、ワールドツアーでも表彰台に上がった。技術だけでなく、精神的な成長も経て、4年目にしてようやく実を結んだシーズンとなった。

 結果と自信をつかんだ彼女は今シーズン、新たなパートナーとペアを組んで、カウントダウンが始まった東京オリンピックに向けて挑むこととなった。昨シーズンの勢いを来夏までつなげることができるか。成長を続ける坂口佳穂を直撃した――。




――昨シーズンは国内ツアー第2戦、マイナビジャパンビーチバレーボールツアー東京大会で優勝。ツアーポイントランキングを1位でシーズンを終えました。大きく飛躍した年だったと思いますが、振り返っていかがですか。

「昨シーズンは目に見えた形で結果を残せたことが、自分の中ではとても大きかったです。年々、少しずつでも成長できているのかなと思っています。目標だった優勝もすることができて、やってきたことが間違いではなかったとわかりましたし、自分以上に家族や周りの人が喜んでくれる姿を見て、プレーに対するモチベーションがより一段、上がった感じでした。

 それに、自分自身の考え方が一番大きく変化した1年だったと思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)