なでしこジャパン高倉麻子監督のメンバー選考の狙い 6月からFIFA女子ワールドカップ

なでしこジャパン高倉麻子監督のメンバー選考の狙い 6月からFIFA女子ワールドカップ

記事まとめ

  • 6月7日にフランスで開幕するFIFA女子ワールドカップのメンバー23名が発表された
  • 大きなサプライズ招集はなかったものの、DFの市瀬菜々と三宅史織の招集に驚きも
  • 19歳でW杯を迎える注目のFW遠藤純は、長谷川唯、清水梨紗と同様の期待を抱くという

W杯タイトル奪還へ。なでしこジャパン高倉監督のメンバー選考の狙い

W杯タイトル奪還へ。なでしこジャパン高倉監督のメンバー選考の狙い

W杯タイトル奪還へ。なでしこジャパン高倉監督のメンバー選考の狙いの画像

高倉麻子監督は表情を引き締めて、丁寧に一人ずつの名前を読み上げた。6月7日にフランスで開幕するFIFA女子ワールドカップのメンバー23名が発表され、2016年に就任した高倉監督は3年間で個を伸ばし、延べ63名もの選手をなでしこジャパンに招集。そこから自信を持って見出した23名だ。

ケガ以降なでしこでの試合出場はないものの、カギを握る阪口夢穂

 また、大きなサプライズ招集はなかったものの、いくつかの驚きはあった。
 そのひとつがDFの2人だろう。市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)は、招集された2月シービリーブスカップ(She Believes Cup/アメリカ)では、インフルエンザ発症で出場が叶わなかったが、これまでの実績が評価された。同じくCBの三宅史織(INAC神戸レオネッサ)は今年に入ってからの活躍もあって選出されたと思われる。
 19歳でW杯を迎える注目のFW遠藤純(日テレ・ベレーザ)は、最年少だが当然のメンバー入りと言える。たしかに今年が初キャップだったが、新戦力が陥りがちな孤立や浮足立つ場面もなく、なでしこジャパンのサッカーに溶け込みながら、アメリカをはじめ、イングランド、ドイツといった世界の強豪を相手に上々の戦いを見せた。アンダー世代からなでしこへ挑戦し、最初から遜色のないプレーを発揮した長谷川唯、清水梨紗(ともに日テレ・ベレーザ)と同様の期待を抱かせる選手である。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)