高津臣吾が松井秀喜に打たれた初本塁打「仕方なく投げた直球だった」

確かに3勝4敗と、対戦成績で言えば大きな差はなかったのかもしれないけど、実際にはものすごく力の差を感じたシリーズだったと思います。
――対ジャイアンツ、対カープというよりも、明確に「打倒ライオンズ」という意識がチーム全体に広がっていたんですね。
高津 もちろん、巨人も阪神も強かったんです。でも、「もう一度、日本シリーズの舞台に立って西武を倒したい」という思いはとても強かったと思います。僕自身も、この年は「今度こそシリーズに出たい」「次は胴上げに参加したい」という気持ちが強かったですね。
――クローザーとしてチームに貢献し、そして日本一になる。高津さんにとっても、そんな明確な目標が芽生えたわけですね。
高津 いえ、「クローザーとして」ということは、この頃はそんなに意識していなかったと思います。1993年シーズンはリリーフを中心に投げていましたけど、「先発に戻りたい」とも思わなかったし、かといって「クローザーになりたい」とも思っていませんでした。考えていたのは、「ベンチ入りピッチャー11人、あるいは12人の中に入りたい」ということだけ。それが敗戦処理であろうが、ワンポイントであろうが、「とにかくベンチに入りたい」という思いだけでした。
――そのような思いを抱きつつも、1993年シーズンは6勝4敗20セーブという、堂々たる成績を残し、リーグ2連覇に貢献します。主力として念願の日本シリーズのベンチ入りを果たしました。
高津 前年の悔しさがあったから本当に嬉しかったし、「今年こそ、西武を倒して日本一になるぞ!」という思いで、この年のシリーズを迎えました。
(後編に続く)

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)