高津臣吾が徹底した秋山、清原対策。極意は「低く遠く、近く強く」だ

高津臣吾が徹底した秋山、清原対策。極意は「低く遠く、近く強く」だ

高津臣吾が徹底した秋山、清原対策。極意は「低く遠く、近く強く」だの画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(32)
【クローザー】ヤクルト・高津臣吾 後編
デストラーデの不在が大きかった1993年シリーズ
――1993年日本シリーズも、前年に続いてライオンズとの激突となりました。この年のライオンズについて、どのような印象を持っていましたか?
高津 前年と比べて、ものすごく大きかったのは(オレステス・)デストラーデがいなかったことです。代わりに鈴木健が入ったりしましたけど、先発オーダーに外国人選手がいなかった。僕は1992年のシリーズに出場していないので、デストラーデと対戦はしていないけど、彼の存在は脅威でしたからね。

1993年の日本シリーズで3セーブを挙げた高津 photo by Kyodo News


――西武の黄金期を支えたAKD(秋山幸二・清原和博・デストラーデ)のうち、「D」が抜けたのは、心理的にも有利に働いたのですね。戦前のミーティングで話し合われた、具体的な「秋山対策」「清原対策」などは記憶にありますか?
高津 そうですね。もちろん、秋山さん、清原さん、鈴木健も長打警戒のマークが必要でしたけど、デストラーデがいなかったことは心理的にも大きかったと思います。秋山さん対策は、「いかに低く、低く投げられるか」がポイントでした。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)