グラウンド内外でオーラ全開。西岡剛はBCリーグの価値を高めている

グラウンド内外でオーラ全開。西岡剛はBCリーグの価値を高めている

グラウンド内外でオーラ全開。西岡剛はBCリーグの価値を高めているの画像

今年で13年目のシーズンに突入し、新たに1球団を加えるなど、一貫して攻めの姿勢を崩さないルートインBCリーグ。そのなかでも、とりわけ攻めの姿勢を続けているのが栃木ゴールデンブレーブス(栃木GB)だ。

 2017年に加盟した新興球団だが、昨年は行き場を失った村田修一(現・巨人コーチ)を入団させ、世間をあっと言わせた。結局、村田はNPB復帰をかなえることはできなかったが、大ベテランに花道をつくったことで栃木GBの知名度は一気に上がった。

 NPBを目指す若者の挑戦の場として存在する独立リーグに、NPBを経験したベテラン選手を入団させることについて、すべてが肯定的ではない。しかし、ファンを喜ばせ、リーグのプレーレベルを上げるという点においては、彼らの存在は不可欠と言えるだろう。実際、昨年の栃木GBは村田の入団によって飛躍的に観客動員数を伸ばした。

 そして今シーズンも、栃木GBにビッグネームがやってきた。NPBのみならずメジャー経験もある”スピードスター”西岡剛だ。トップバッターとして圧倒的な存在感を見せつけている。


NPB復帰を目指しBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスでプレーする西岡剛

 開幕戦で対戦した茨城アストロプラネッツの投手・小沼健太はこう語る。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)