プロ1年目。腐りかけた那須大亮を救った中澤佑二や松田直樹らの言葉

プロ1年目。腐りかけた那須大亮を救った中澤佑二や松田直樹らの言葉

プロ1年目。腐りかけた那須大亮を救った中澤佑二や松田直樹らの言葉の画像

ベテランJリーガーの決断
〜彼らはなぜ「現役」にこだわるのか
第7回:那須大亮(ヴィッセル神戸)/前編

 駒澤大学3年生だった2002年、横浜F・マリノスでスタートしたプロサッカー選手としてのキャリアは、今年で18年目を迎えた。プロになった当初は、ここまで長くキャリアを重ねることも、ましてや、18年間ずっと国内のトップリーグで戦い続けることも「まったく想像していなかった」と、那須大亮は言う。


プロ生活18年目の那須大亮

「『(現役を)30歳まで続けられたらありがたいな』から始まって、30歳になったら『35歳までやれたらいいな』と思っていたら、気づいたら今年で38歳になっていました。欲を言えば、日本代表とか、海外でのプレーという目標を叶えられたらよかったけど、プロ1年目の自分を想像したら、ここまでやれただけでも感謝しなきゃいけないのかも」

 その言葉にもあるように、試合にほとんど絡めなかった1年目も含め、那須はここまでのすべてのシーズンを、理想どおりに過ごしてきたわけではない。現在所属のヴィッセル神戸でも、移籍初年度となった昨季のリーグ戦出場はわずか9試合。今季に関しては今のところ、一度もリーグ戦のピッチに立てていない。それでもここ数年、サッカーへの向き合い方に変化はないそうだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)