プロ1年目。腐りかけた那須大亮を救った中澤佑二や松田直樹らの言葉

そのために、ポジションに応じた自分なりの”色”を探し、それで勝負することをいつも心掛けていました。
 ただ、本音を言えば、僕は佑二さんやマツさん(松田)、(田中マルクス)闘莉王のような”スペシャルワン”のセンターバックになりたかった。一時期、オシムさん(元日本代表監督)によって『ポリバレント』という言葉が流行って、そこに自分が分類されることもありましたが、あくまで僕が目指したのは”スペシャルワン”でした。

 もっともF・マリノスにいた時代は、佑二さんやマツさんほど、センターバックとしての武器も、凄みもないと自覚していた分、『この世界で生き残るには与えられたポジションで、自分の色を少しずつ濃くしていくしかない』と思っていたのも事実です。

 それでも、そうしていろんなポジションをやった経験をセンターバックでのプレーに生かせれば、『佑二さんたちとも違うセンターバック像を示せるかもしれない』という自分への期待もあった。だからこそ、どこかのタイミングでは、センターバックの”スペシャルワン”になりたいと思っていました」

(つづく)

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)