大谷翔平と根尾昂に共通点。中日の打撃投手が見た高卒ドラ1の力

大谷翔平と根尾昂に共通点。中日の打撃投手が見た高卒ドラ1の力

大谷翔平と根尾昂に共通点。中日の打撃投手が見た高卒ドラ1の力の画像

大阪桐蔭時代に投手と野手で活躍し、4球団競合の末に中日に入団した根尾昂。ケガの影響で戦列を離れていたが、5月4日のソフトバンクとの二軍戦で復帰し、『ショート一本で』と宣言したプロの世界で成長を目指している。中日で打撃投手を務める久本祐一は、フリーバッティングで実際に相対した打者・根尾をどう見ているのか。
 さらに、現役時代に中日と広島で主に中継ぎ投手として活躍した久本は、日本ハム入団後も”二刀流”を継続し、規格外の高卒ドラ1ルーキーとして注目を集めていた大谷翔平(現エンゼルス)との対戦にも言及。根尾との共通点、大谷の2年目以降の成長、昨オフに行なった右ひじの内側側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)の影響などについて語った。


エンゼルスで2年目のシーズンを送る大谷

――中日ドラゴンズの高卒ドラ1ルーキー、根尾昂選手がケガから復帰して二軍の試合に出場しています。久本さんは同チームの打撃投手を務めていますが、根尾選手に投げたことはありますか?
「フリーバッティングで2回投げました。1回目は、彼がキャンプを二軍で過ごしたあと、実戦に向けて準備を進めている時でしたね。投げる前に、村上(隆行)一軍打撃コーチに『根尾に投げる球は、通常の回転がいいボールでいいですか?』と確認して、OKをもらったので120km前後の回転がいいストレートを30球ほど投げました」
――その時の印象はいかがでしたか?
「本当に数カ月前まで高校生だったのかと疑いたくなりました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)