米識者たちも確信する井上尚弥の絶対勝利。WBSS優勝へ死角はない

米識者たちも確信する井上尚弥の絶対勝利。WBSS優勝へ死角はない

米識者たちも確信する井上尚弥の絶対勝利。WBSS優勝へ死角はないの画像

“モンスター”が間もなく英国デビューを果たす。
 現地時間5月18日、スコットランドのグラスゴーでワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級の準決勝が催され、WBA同級王者の井上尚弥(大橋ジム)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との一戦に臨む。

グラスゴーで公開練習を行なった井上

 WBSSでは優勝の”大本命”と目されてきた井上だが、26歳のロドリゲスも19戦全勝(12KO)という戦績を持つ強豪。破竹の快進撃を続けてきた井上にとって、「キャリア最大の難敵」と言えるかもしれない。
 ボクシングファン垂涎のこの一戦を、アメリカの記者たちはどう見ているのか。そして、彼らは井上の今後にどんな期待を抱いているのか。アメリカのスポーツ専門チャンネル『ESPN.com』の人気企画、「5−on−5ディベート」をモデルに、今回は米東海岸に本拠を置く4人の記者に4つの質問をぶつけてみた。
 この「4−on−4」に参加してくれたパネリストの言葉から、日本が誇る怪物王者の現状と、今後の展望が浮かび上がってくる。
【パネリスト】
○ライアン・サンガリア:リングマガジンのライター。フィリピン系アメリカ人で、アジアのボクシングに精通する
○ゲイブ・オッペンハイム:NY拠点のフリーライター。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)