ミスター甲府が実感したJリーグの発展「昔のバス移動はつらかった」

ミスター甲府が実感したJリーグの発展「昔のバス移動はつらかった」

ミスター甲府が実感したJリーグの発展「昔のバス移動はつらかった」の画像

【石原克哉が目指す、共に成長したクラブとJリーグへの恩返し】
 ゴールデンウイークの最終日となる5月6日、17年間ヴァンフォーレ甲府ひと筋でプレーし、2017年限りで選手生活にピリオドを打った石原克哉(現クラブアンバサダー)の引退試合が中銀スタジアムで行なわれた。
 かつて甲府でもプレーした小倉隆史、羽生直剛のほか、親交のある鈴木啓太などが駆けつけ、引退に花を添えた。「ヴァンフォーレ甲府レジェンズ」と「石原克哉とゆかいな仲間達」による試合は、甲府レジェンズが8−5で勝利。石原は、前半はゆかいな仲間達、後半は甲府レジェンズの一員としてプレーし、それぞれのチームで合計3得点。「現役では達成できなかった」というハットトリックの活躍で、慣れ親しんだピッチに別れを告げた。

 試合後のインタビューで、「ただ長く在籍していただけの選手」と、謙遜気味に自身のキャリアを振り返った石原。彼の選手生活はJリーグ全体とクラブの成長と共にあった。


かつてのチームメイトなどが集い、引退試合を行なった石原(前列中央)

――石原さんが甲府に入団したのは2001年。チームは前年にJ2記録の19連敗(25戦未勝利)で最下位に沈み、債務超過による経営危機の真っ只中でした。チームの存続も危ぶまれる状況で苦労されたことはありますか?
 練習環境が整っていたわけではありませんでしたが、それ自体はあまりキツいとは感じませんでした。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)