ガンバ大阪が8試合ぶり勝利。メンバー刷新は浮上のきっかけになるか

ガンバ大阪が8試合ぶり勝利。メンバー刷新は浮上のきっかけになるか

ガンバ大阪が8試合ぶり勝利。メンバー刷新は浮上のきっかけになるかの画像

J1リーグ第12節、37回目を迎え、令和初となる大阪ダービーは、ガンバ大阪のホームで行なわれた。7試合勝利のないガンバは、前節からメンバーを大幅に入れ替え、若手中心で臨んだ。一方、連勝中のセレッソ大阪は、ケガで今季絶望といわれる都倉賢に代わり高木俊幸を起用した。

 試合の立ち上がり、両チームが決定機を作る。セレッソは前半10分、ロングボールに高木が抜け出し、GKと1対1の場面を作った。一方のガンバも13分、ファン・ウイジョが相手DFのミスからGKと1対1のチャンス。だが、いずれもGKのファインセーブに阻まれた。その後は、お互いに固い守備を崩せないまま、0−0で前半を折り返す。

 後半に入って、先に動いたのはセレッソだった。後半4分、高木に代えてソウザを投入すると、システムを4バックからガンバと同じ3バックに変更。しかし、先制したのはガンバだった。


ガンバ大阪戦で決勝ゴールを決めた倉田秋(ガンバ大阪)

 後半10分、高尾瑠の鋭い縦パスを受けた高江麗央が、右サイドから中央へボールを運び、倉田秋にショートパスを送る。倉田が右足を振り抜くと、これが先制ゴールとなった。

 負けられないセレッソは後半25分、藤田直之に代えて柿谷曜一朗を投入し点を奪いにいく。するとその直後、ガンバは倉田に代えて今野泰幸を入れ、守備の安定を図る。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)