大坂なおみ「セリーナ・スラム」達成へ。苦手クレーを楽しく感じた

大坂なおみ「セリーナ・スラム」達成へ。苦手クレーを楽しく感じた

大坂なおみ「セリーナ・スラム」達成へ。苦手クレーを楽しく感じたの画像

彼女の見る夢の原点には、いつも、幼少期に抱いた憧れや、幼き日の甘美な思い出がある。
 初めてツアー優勝したインディアンウェルズ大会は、彼女が今も憧れる存在を知るきっかけとなった、始まりの地。観客のブーイングを浴びながらも頂点に立つ姿を見たその日から、セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)は、大坂なおみがテニスをする理由となった。

大坂なおみはクレーコートでも強さを発揮できるようになった

「最も優勝したい」と願ったグランドスラムが全米オープンだったのは、会場であるUSTAナショナルテニスセンターこそが、大坂が初めてテニスボールを打ち始めた場所だからだ。そのセンターコートでセリーナに勝ち、優勝するという幼い夢を、彼女は昨年の9月に現実のものとした。
 全米オープン以外にも、テニスの世界には”グランドスラム”と呼ばれる夢舞台があると知ったのは、いつのことだったろうか?
 全豪に全仏、そしてウインブルドンと全米は、いつでも、なおみ少女の目を輝かせてきた。
 グランドスラムで戦うセリーナの姿を追い、やがては、セリーナのライバルと呼ばれるマリア・シャラポワ(ロシア)らにも憧憬の目を向けていく。その4大大会すべてを制することがテニス界最大の栄誉と知り、ならば自分もそれを成し遂げたいと、新しい夢を見た。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)