初ゴールの酒井宏樹と、5失点の昌子源。日本人ダービーの明と暗

初ゴールの酒井宏樹と、5失点の昌子源。日本人ダービーの明と暗

初ゴールの酒井宏樹と、5失点の昌子源。日本人ダービーの明と暗の画像

昨シーズンに初めて実現したマルセイユの酒井宏樹vsメスの川島永嗣(現ストラスブール)に続き、今シーズンのリーグ・アンでも「日本人ダービー」が実現した。

 2018−2019シーズンの第37節。今シーズンの冬からリーグ・アンに参戦したトゥールーズの昌子源と、2006年夏以来すでに加入3シーズン目となったマルセイユの酒井宏樹による直接対決である。


リーグ・アン初ゴールを決めてチームメイトに祝福される酒井宏樹

 ちなみに、リーグ・アンにおけるフィールドプレーヤー同士の日本人ダービーは、過去に例がない。2005−2006シーズンにマルセイユの中田浩二とルマンの松井大輔、2009−2010シーズンにはグルノーブルの松井大輔とレンヌの稲本潤一による日本人ダービーの可能性はそれぞれあったが、残念ながら同時にピッチに立つどころか、ふたりがともにメンバーリストにエントリーされたこともなかった。

 そもそも、リーグ・アンでプレーする日本人選手自体が少数ゆえ、さもありなん。しかし今回にかぎっては、ふたりにケガさえなければ日本人ダービーの実現は濃厚と見られていた。マルセイユの酒井にしても、トゥールーズの昌子にしても、お互いチームでは欠かせない戦力としてレギュラーを張り続けているからだ。

 しかも、酒井はサイドバック、昌子に至ってはセンターバック。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)