エチオピアで一流ランナーと練習。神野大地が意識改革した25日間

夜になるとなぜかインターネットがつながらず、神野はやることもないのでいつも8時半ぐらいには就寝していたという。

「ほんと走って、食べて、寝るだけの生活でした(笑)」

 1週間のスケジュールは、3日間はポイント練習でスピード練習、ロングラン、ダッシュと20キロの距離走など強めの練習をする。残りは、ジョグやフィジカルトレーニングに充てた。神野は当初、1日3部練習を想定していたが、現地に入るとゼーンから2700mでの高地トレーニングについて説明があり、2部練習に切り替えたという。

「ケニアは2300mでエチオピアは2700m。たった400mしか違わないんですけど、ゼーンから『その400mの差は大きい。疲労感がまったく違うぞ』って言われたんです。だから、最初の2週間は無理せずに抑えて練習をしていました。

 実際、2700mはめちゃくちゃキツかった。最初はキロ3分45秒のジョグでさえきつくて……。400mの差だけど、1000mから2000mに上がった時ぐらいの差を感じるんです。2週間目に入るとけっこう疲れが出て、ゼーンのいうことが正しかったんだと思いましたね」

 一般的に2700mの高地ではSpO2(血中酸素濃度)が下がり、体に大きな負荷がかかると言われている。

関連記事(外部サイト)