神野大地が描くMGCまでの青写真。エチオピア合宿で得た気づきとは?

もっとも、朝に比重に置いて練習をすれば強くなるという科学的な根拠はない。
 だが、朝に集中して練習をやり切れば、その効果は普通に練習する以上のプラスアルファを得られる可能性があるし、少なくとも精神的にはプラスに作用しそうだ。ちなみにエチオピアの朝練習は、8時ぐらいにスタートする。ケニアは早朝5時からするので、朝はゆっくりスタートがエチオピアスタイルのようだ。
 神野も朝練習に重点を置くやり方を参考にしているが、それにはもうひとつ理由があった。
「今、基本的に3食摂っているんですが、それは栄養士さんにも言われ、僕も大事なことだとわかっているんです。でも、エチオピアって、そういう感覚がなくて朝起きて、少し補食してすぐに走りに行く。帰ってきてから食事するんです。
 それを見て、僕も朝は睡眠をたっぷりとって起きたタイミングで走りにいって、戻ってから食事でもいいかなと思いました。ポイント練習の時は時間どおりにやって3食摂った方がいいけど、ジョグの日まで時間に追われる生活をしなくてもいいかなって。『朝練習を終らせなきゃ』というストレスもなくなるので、少し柔軟に考えてみようと思います。それもエチオピア合宿を経験して思ったことですね」
 食事の摂り方について、もう少しフレキシブルに考える必要があるということなのだろう。同じことを継続することも大事だが、自分のスタイルを見つけていくことも重要なこと。

関連記事(外部サイト)