「久保建英の理想のシナリオ」をバルサBの実状から考えてみた

「久保建英の理想のシナリオ」をバルサBの実状から考えてみた

「久保建英の理想のシナリオ」をバルサBの実状から考えてみたの画像

バルセロナ復帰が噂される久保建英(FC東京)。そうなった場合、主戦場になると思われるのが、セカンドチームであるバルサBだ。そのバルサBが今シーズン、2部Bリーグと言われる実質3部リーグで、8位に終わった。

 最終戦は残留に必死なカステジョンに手こずって、終了間際の失点で2−1と敗れている。この結果、2部昇格のプレーオフ出場権(4位まで)を逃し、来季も3部で戦うことが決まっている。

 これでバルサBの現メンバーが、来季に向けて大幅にアップデートされるのは間違いないだろう。久保にとっては、むしろ復帰のきっかけのひとつになるか――。


6月4日で18歳になる久保建英(FC東京)。バルサ復帰はなるのか

 バルサBのメンバー構成は、「バルセロナU−20」に近い。今シーズンの主力は、2017−18シーズンにUEFAユースリーグ(ユース年代のUEFAチャンピオンズリーグ)で優勝したメンバーだった。トップチームの練習に帯同しているMFアレックス・コジャード、MFオリオル・ブスケッツ、DFフアン・ミランダ、DFホルヘ・クエンカなど、いずれも19、20歳の選手ばかりだ。

 必然的に来季のメンバー構成は若返るだろう。

 バルサBからトップ昇格の可能性があるのは、”シャビの後継者”と言われるMFリキ・プッチ、セネガル代表としてロシアW杯にも出場した右SBムサ・ワゲ、エルネスト・バルベルデ監督の覚えもめでたいFWアベル・ルイスの3人か。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)