ダービーで激走するタイプは決まっている。過去データにハマる4頭

ダービーで激走するタイプは決まっている。過去データにハマる4頭

ダービーで激走するタイプは決まっている。過去データにハマる4頭の画像

“競馬の祭典”GI日本ダービー(東京・芝2400m)が5月26日に行なわれる。

 1〜3番人気が過去10年で8勝と、比較的”人気どころ”での決着が多いレースだが、独特の緊張感が張り詰める舞台とあって、時に波乱や番狂わせも起こっている。

 たとえば、昨年は5番人気のワグネリアンが優勝。以下、2着に4番人気のエポカドーロ、3着に16番人気のコズミックフォースが入って、3連単は285万6300円という超高配当をつけた。

 その他、5番人気のリーチザクラウンが2着、8番人気のアントニオバローズが3着となった2009年や、7番人気の伏兵エイシンフラッシュが勝利した2010年も、3連単はそれぞれ20万円超え、15万円超えの高配当を記録。また、10番人気のウインバリアシオンが2着(2011年)、12番人気のマイネルフロストが3着(2014年)に奮闘するなど、馬券圏内(3着以内)には人気薄の馬がたびたび飛び込んできている。

 そうした状況を踏まえれば、今年も思わぬ伏兵が上位入線を果たしてもおかしくない。そこで、過去10年の結果をヒントにして、そんな穴馬を探し出してみたい。

 最初に取り上げたいのは、ダービートライアルのGII青葉賞(東京・芝2400m)から挑む人気薄の馬である。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)