来季FAの目玉、カワイ・レナード。静かなるスターはこれだけすごい

来季FAの目玉、カワイ・レナード。静かなるスターはこれだけすごい

来季FAの目玉、カワイ・レナード。静かなるスターはこれだけすごいの画像

現地時間5月12日、カワイ・レナードが放った”ザ・ショット”は、トロント・ラプターズのチーム史に残るシュートとして語り継がれていくに違いない。

ラプターズのエースとしてチームをけん引するレナード

 フィラデルフィア・76ersと争ったイースタン・カンファレンス・セミファイナルは、6試合を終えた時点で3勝3敗。第7戦も90−90の同点で残り時間がわずかとなり、そのままオーバータイム(延長戦)に持ち込まれるかと思われた。

 若い選手が多い76ersの勢いに押され、地元開催のゲームでも不安を感じていたラプターズファンは多かっただろう。しかし――。

 残り4.2秒から始まった最後のプレーで、レナードは右コーナーからジャンプショットを放つ。ボールはリング上で4度弾み、静かにネットを通過した。あまりにも劇的なブザービーターで、ラプターズのカンファレンス・ファイナル進出が決定。ハリウッド映画のような結末は、1年前に大きな期待を持ってサンアントニオ・スパーズからレナードを迎え入れたラプターズも想定できなかったに違いない。

「(レナードが)自身のショットをクリエイトする技は、まるでコービー・ブライアントのようだ。すごい選手だよ」

 このシリーズ中、76ersのブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)はNBA史に残るレジェンドを引き合いに出し、レナードに最大限の賞賛を与えていた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)