【木村和久連載】ゴルフ場はなぜ、頻繁に改修・改造工事を行なうのか

【木村和久連載】ゴルフ場はなぜ、頻繁に改修・改造工事を行なうのか

【木村和久連載】ゴルフ場はなぜ、頻繁に改修・改造工事を行なうのかの画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第206回

 以前、2020年東京五輪のゴルフ会場となる霞ヶ関カンツリー倶楽部の改造工事が終わって、マスコミ関係者にお披露目されたニュースをお届けしました。同コースの場合は五輪会場になったことがきっかけですが、同様にオープンから何十年も経っているコースは、”美容整形手術”を施すかのように、改修・改造工事を結構行なっています。

 では、なにゆえコースを改造するのか?

 今回は、その理由を探ってみたいと思います。

 理由はさまざまありますが、まず挙げられるのはこれです。

(1)日本独特のグリーンからの脱却
 昭和50年代の半ば(1980年代初頭)くらいまでに造られたゴルフ場の多くは、ベント芝と高麗芝の2つのグリーンを併用していました。涼しい気候を好むベント芝は、夏場の高温多湿な気候に適さないため、その時期には高麗芝のグリーンを使うなど、2グリーンを交互に使用することで、1年間を凌ごうとしてきました。

 そうやって2グリーン化が進みましたが、最近は芝生の品種改良も進化し、オールシーズン、ベント芝でやっていけるようになりました。そこで、予算のあるコースは、日本独特の2グリーンから、世界基準の1グリーン(ベント芝)へと改造するコースが増えました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)