長谷部誠は出色。今季ブンデス日本人選手の評価はグレーゾーンなし

長谷部誠は出色。今季ブンデス日本人選手の評価はグレーゾーンなし

長谷部誠は出色。今季ブンデス日本人選手の評価はグレーゾーンなしの画像

ブンデスリーガ1部の2018−19シーズン最終節、日本人選手の明暗が、いままでにないほどはっきりと分かれた。そこにグレーゾーンはなかった。

「明」は、長谷部誠(フランクフルト)、大迫勇也(ブレーメン)、原口元気(ハノーファー)の3人。最終節でもフル出場を果たした。一方の「暗」は宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、久保裕也(ニュルンベルク)、浅野拓磨(ハノーファー)の3人で、それぞれ事情は異なるものの、最終節の出場はなかった。最終節の明暗は、今季の彼らを象徴しているようでもあった。厳しい現実をつけられたシーズンだった(採点は10点満点)。

長谷部誠 採点8

「ハンパない」という表現は、今季の長谷部にこそピッタリだった。ここ数年の長谷部と比べても、特筆ものの活躍だった。キッカー誌の今季ベストイレブンに選ばれたのは、日本人のひいき目ではなく、現地で高い評価を与えられたことを示している。


ドイツ・キッカー誌の今季ベストイレブンにも選出された長谷部誠(フランクフルト)

 個人としての活躍がチームの躍進に直結した。フランクフルトはヨーロッパリーグ(EL)で準決勝に進出。インテル、ベンフィカといった欧州を代表するクラブを打ち破り、準決勝ではチェルシーを相手にPK戦にまで持ち込んだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)