穴党記者も皐月賞馬に白旗宣言。ダービーは馬券に絡める穴馬を狙え

穴党記者も皐月賞馬に白旗宣言。ダービーは馬券に絡める穴馬を狙え

穴党記者も皐月賞馬に白旗宣言。ダービーは馬券に絡める穴馬を狙えの画像

3歳馬の頂点を決める第86回GI日本ダービー(東京・芝2400m)が5月26日に行なわれる。

 中心視されているのは、牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)を制したサートゥルナーリア。年末のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)以来という異例のローテーションで勝利を収め、ひと叩きされた今回は断然の人気を集めると見られている。

 ダービーにおける1番人気の成績を振り返ると、過去10年では3勝、2着1回、3着3回、着外3回と、全幅の信頼を置くまでには至らない。しかし、グレード制が導入された1984年以降の、無敗の皐月賞馬の結果だけに絞ってみると、過去に4頭(シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ディープインパクト)出走して、いずれも勝利を飾っている。

 となると、サートゥルナーリアも単なる1番人気とはちょっと桁が違うのかもしれない。現に「穴党」と呼ばれるトラックマンたちも、同馬には白旗状態。日刊スポーツの松田直樹記者はこう話す。

「年明け初戦で皐月賞を勝った馬は、過去に1頭もいませんでした。正直(サートゥルナーリアが)負けるとすれば、中106日で上積みの余地を大きく残した皐月賞だと思っていましたが、そこさえ勝たれてしまいました。

 ホープフルSを勝ったあと、皐月賞の前哨戦となるGII弥生賞(3月3日/中山・芝2000m)をパスすることを決め、(大目標の)ダービーから逆算したローテーションが組まれたことで、今回は仕上げの度合いが違います。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)