井端弘和が効率の悪い中日打線に喝「漠然と打席に入るのが一番ダメ」

井端弘和が効率の悪い中日打線に喝「漠然と打席に入るのが一番ダメ」

井端弘和が効率の悪い中日打線に喝「漠然と打席に入るのが一番ダメ」の画像

与田剛新監督のもと、シーズン開幕から好スタートを切った中日。4月17日には3年ぶりにリーグ2位に浮上し、一時は首位に0.5ゲーム差まで迫ったが・・・・・・そこからジリジリと後退し、5月23日時点で最下位DeNAに0.5ゲームと迫られる5位に甘んじている。
 チーム打率は巨人(.265)に次ぐリーグ2位の.256と好調で、昨季ワーストだった投手陣の防御率(4.36)も改善されつつある。にもかかわらず、なぜ白星が伸びていかないのか。1998年から2013年まで中日でプレーし、現在は解説者として活躍する井端弘和に、苦しむ古巣の現状を分析してもらった。


新キャプテンとして中日を牽引する高橋周平


──ここまでの中日の戦いをどのように見ていますか?
「5カード連続負け越しはありましたが、打線が活発で、リリーフ投手陣が安定してきたのは大きいですね。クローザーの鈴木(博志)が少し不安はあるものの、安定感はセ・リーグでトップクラス。相手チームに、『6回までにリードしないといけない』というプレッシャーをかけることができていると思います。
 特に7回と8回に登板することが多い、右投げの(ライデル・)マルティネス、左投げの(ジョエリー・)ロドリゲスの外国人コンビは脅威でしょうね。ゲーム終盤で、155キロ超のボールを投げる左右のピッチャーが出てくるわけですから。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)