NBAプレーオフの舞台裏。カリー対カリーは「特別な時間だった」

NBAプレーオフの舞台裏。カリー対カリーは「特別な時間だった」

NBAプレーオフの舞台裏。カリー対カリーは「特別な時間だった」の画像

5月12日、ポートランド・トレイルブレイザーズがウェスタン・カンファレンス・セミファイナル第7戦でデンバー・ナゲッツに勝利し、シリーズを制すると、ブレイザーズのセス・カリー(SG)はウェスタン・カンファレンス・ファイナルの対戦相手となるゴールデンステート・ウォリアーズのひとりの選手からテキストメッセージを受け取った。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。


試合後に健闘を称えあう弟セス・カリーと兄ステフィン・カリー

 そのメッセージには、こうあった。

「火曜に会おう。楽しみにしている」

 送り主は、兄のステフィン・カリー(PG)。こうして、ウェスタン・カンファレンス・ファイナルでの「兄弟対決」の幕が切って下ろされた。

 セス・カリーにとって、人生最初のライバルは2歳半上の兄、ステフだった。子どもの時は、毎日のように1対1の勝負をしていたものだった。

「よくある話だ」と、ステフは振り返る。

「いつも、1対1ばかりしていた。どの兄弟でもよくあるように、いつも激しい競争になった。セスはいつも、僕のファウルがファウルにならないことに『ズルい』と言っていた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)