阪神・青柳晃洋は斎藤雅樹級の素質。「いい時は手がつけられない」

腕がゴムでできていて、力を入れずとも勝手にしなってボールを放っているような、そんな感覚だった。

 スコアボードにスピード表示の出ない球場だったから、その日の球速はわからないが、引っ張った打球の快打を放ったバッターはひとりもいなかった。ただ、青柳のスピードに押されてバットが3〜4本粉砕されたことだけは、はっきりと覚えている。

 次の試合のためにネット裏にいた東海大の横井人輝監督(当時)が「青柳がいい時は、手がつけられないんです……」とつぶやいていた。

 それはプロの世界でも変わらない。とくに今年の青柳は、コントロールが格段によくなった。なかでもストライクゾーンからボールゾーンに逃げるスライダーの投げミスが極端に減った。この球で空振り、あるいはファウルを奪えるようになったことで、常に優位な立場で勝負できている。

 面白いのは、追い込んでから速球勝負に出る場面が多いことだ。スライダーを意識させておいて、威力のあるストレートで押し込み、打者を打ち取っていく。こんなサイドハンドの投手、見たことあるぞ!

 サイドハンドで頭に浮かぶのは、又吉克樹(中日)、十亀剣(西武)だが、彼らのスタイルとは違う。もっと前なら潮崎哲也(元西武)、高津臣吾(元ヤクルトなど)らだが、彼らでもない。

関連記事(外部サイト)