阪神・青柳晃洋は斎藤雅樹級の素質。「いい時は手がつけられない」

そうだ、斎藤雅樹(元巨人)だ。

 青柳と斎藤に共通しているのは、リリースの際に手首が立っていること。ボールをしっかり叩けるから、力強いストレートがいく。
 そして空振りを狙えるスライダーの軌道もよく似ている。おそらく”曲げる”意識はないはずだ。リリースでボールを”切る”感覚だから、ボールの軌道はギリギリまでストレート。打者が「ストレートだ!」と思って振り始めた瞬間、キュッと鋭く曲がる。

 ただ、青柳がこれから学ばないといけないのはフィールディングだ。斎藤は、自分のスペースに打ち返した打球に対しては、確実にアウトにしていた。フィールディングという最強の武器を持つことで、自らのピッチングをより完璧なものにしていたのだ。青柳が「斎藤雅樹」に近づくためには、あのフィールディングを身につけることだ。

 大学時代にベンチから颯爽と飛び出していったあの軽快なフットワークがあるのだから、できないはずはない。

 自信が確信に変われば、腕の振りはさらに決然となって、球速が150キロ台になるのは時間の問題と見る。だからこそ、「斎藤雅樹」を本気で目指してほしい。

 ここまで大きな実績がないから、きっと青柳は「無理です……」と引いてしまうかもしれないが、ほんとのところ”目指すべき場所”はそんな遠くではないと思っている。ローテーション投手から阪神のエースへ、そして球界のエースへ。それだけのポテンシャルを持ったピッチャーであるのは間違いない。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)